プロフィール
たじ

努力と勉強が出来るのに感謝皆さんありがとう82才。

たじをフォローする

ドローンの安全飛行

ゆめへ
ゆめへ

フライトモードスイッチとRTHボタン

このスイッチは送信機の右、側面にあります、通常Pモード(ポジショニング)で強いGPS信号受信時に動作します。機体はGPSと前方/下方ビジョンシステムを利用して自ら位置を把握しながら自動で安定し、障害物避けて進みます。このモードでは、TapFly(タップフライ)やActiveTrack(アクティブトラック)などの高度な機能が有効になります。Sモード(スポーツ)は最大速度65Km/hまで上昇しますが、前方ビジョンシステムが無効になります。

RTHボタンは送信機の左スティック上にあります。このボタンを長押しして(Retum-to-Home)を開始します。すると、機体は最後に記録されたホームポイントへ戻ってきます。もう一度ボタンを押すと、RTHはキャンセルされ

機体を制御できるようになります。