プロフィール
たじ

桜の花も咲きそろい、気温は上がり動きやすくやすくなりましたが、今日は、電動アシスト自転車で病院まで出かけるつもりです。十分気お付けて、事故のないよういつて参ります。

たじをフォローする

記憶

学ぶ
学ぶ

なぜカレンダーに書き込むとスケジュールを忘れないのか?

人間の脳は、記憶したことを忘れるようにできています。裏を返せば、忘れるのは当然なのです。たとえば、30日前の夜ご飯、何を食べたか思い出してみてください。おそらく、大多数の人が覚えていないはずです。では、「自分の誕生日に食べたもの」だとしたら、どうでしょうか。たとえ1年前でも、覚えているはずです。レストランを予約して食事をしたり、友だちがパーティーを開いてくれたり、特別な日には特別なアクションがあり、それを「映像で覚えている」からです。「映像=イメージで覚えたことは記憶に残る」のも、また脳の仕組みの大きな特徴の一つなのです。私はスケジュールを記録するとき、壁に貼ってあるカレンダーに書き込むようにしています。なぜなら、カレンダーは「絵」として認識できるので、そこに書かれた情報もより記憶に残るからです。逆に、文字だけの情報は何回見てもなかなか頭に入ってきません。カレンダーを映像で思い浮かべていただくと、その違いがわかります。慣れていないと、イメージすることは難しく感じるかもしれませんが、単純に、頭の中に映像を思い浮かべるだけです。イメージするのに特別なトレーニングは必要ありません。ドリルで楽しみながら続けると、脳がどんどんイメージし、その結果、「脳がよくなる」のです。

Amazon

楽天市場