プロフィール
たじ

桜の花も咲きそろい、気温は上がり動きやすくやすくなりましたが、今日は、電動アシスト自転車で病院まで出かけるつもりです。十分気お付けて、事故のないよういつて参ります。

たじをフォローする

ご褒美贅沢

変化
変化

貧乏を引き寄せる?「金運」を逃すNGマインド

お金がない状況からは、できるだけ早く脱出したいもの。貧乏な状況から抜け出すために、必要なマインドとは? 貧乏を撃退するマインド術をお伝えします。お金がない、貧乏だと感じている人の多くが、「どうせ私にはお金がないから」「どうせあの人の家と我が家では、収入が違うから」というように、「どうせ〇〇だから」と考えているようです。確かに客観的に見れば、その思いは間違っていないのかもしれません。とはいえ「どうせ〇〇だから」というのは、諦めの言葉の1つです。いくらお金持ちになりたい、貧乏から脱却したいと思っていても、自分で自分のことを諦めているのですから、お金が貯まるという状況は、なお一層のこと遠ざかるばかりです。貧乏は嫌だと思うのなら、「どうせ〇〇だから」という言葉を使うことを止めることが必要ですし、言葉にしなくても思っているだけでNGですので注意してください。自分の境遇と違うなと感じる場面に遭遇したら、「こういう人もいるのだな」と客観的な事実のみにフォーカスするようにしましょう。人と比べることは貧乏まっしぐらであると、心してください。お金がないから贅沢はできないという話を耳にすることがあるのですが、贅沢の基準は人によって違います。1泊1万円のホテルが贅沢だと思う人がいる一方で、1泊10万円、1泊100万円が贅沢だと感じる人がいるのも事実です。貧乏を撃退したいと思っているのなら、自分が思う贅沢を楽しむことをおすすめします。贅沢をすると、頑張った自分のご褒美になるだけでなく、またこのような経験をしたいとポジティブにお金に向き合うことができるようになります。また贅沢をしたという経験値は、自分の自信にもつながっていきます。その経験は、必ずや仕事でもプライベートでも生きてきます。贅沢を敵と捉えるのではなく「するもの」と考えて、その瞬間を楽しむことが大切なのです。貧乏をネタにする人もいるのですが、本当はそう思っていなくても、ネタにすればするほど貧乏なマインドに侵されてしまいます。今あるものにフォーカスし、幸せな自分、満たされている自分に気づくことも大切なことなのです。貧乏を撃退するためにはお金を貯めるだけでなく、ポジティブな経験や幸せな経験を重ねること

Amazon

楽天市場