プロフィール
たじ

毎日ブログ書くのが仕事になりました。みなさまに少しでもお役にたてれば、幸いです。

たじをフォローする

まあるくおさめまっせ

ゆめへ
ゆめへ

まあるくおさめまっせ 笑福亭仁鶴しのぶ 捨て身にの非日常

「まあるくおさめまっせ」のあの人は、実際はどんな芸人だったのか。8月に亡くなった笑福亭仁鶴さんをよく知る芸人仲間が思い出を語ってもらいました。仁鶴師匠には50年ほどお世話になつた中田カウスさんは「おつしゃん」と呼ばしてもらってました。静けさで人をよぶ、爆笑の中心にいるのに、普段は静かでした。にぎやかじゃないんです。静けさでひとをよぶ、舞台袖でパイプ椅子に座り、出番を待ってる姿がかっこよくて、独りたたずむ後姿が絵になる人でした。なんやろな、あの味は時代とか生い立ちがそうさせたのかな。お母さんを早くに亡くして、苦労して大きくなったから。あの時代の芸人は捨て身でした。おつしゃんも独学でいろんなことを身につけた人でした。天才ですよ。お客さんは、普通のものにはお金払いません非日常へ連れて行くのが芸人の仕事や。おっしゃんが普段の生活を見せへんようにしてたんもそのため。美学やったんでしょう。仁鶴という看板を守りきって亡くなりました。

Amazon