プロフィール
tanaka

果物を食べて毎日勉強できる、これが一番幸せだと思っています。

tanakaをフォローする

気にとまる

変化
変化

県民衛星という挑戦。『日本一社長が多い県』福井が宇宙を目指す理由

宇宙。それは子供や人類の夢であり、物理学や天文学などに携わる学者にとっては、どこまでも終わりの見えない探究の源だ。宇宙産業への参入の動きは世界的に活発化傾向にあり、ビル・ゲイツやイーロン・マスクなど、世界の名だたるビリオネアたちも、宇宙に思いを馳せ、巨額の投資をしている。一方、日本の宇宙業界はというと、非常に閉鎖的なのが現状だ。関係者たちはみな優秀で、その実力は海外から見ても引けを取らない。だが、「宇宙=特別な領域」というイメージが先行し、それが宇宙と私たちの世界を乖離させてしまっているようだ。そんな中、宇宙産業を新たな政策の柱にしようと、人工衛星の打ち上げを目指す自治体がある。

「福井県民衛星プロジェクト」は、福井県産業労働部産業技術課が取り組む超小型人工衛星の打ち上げ計画だ。2015年に「福井経済新戦略」に織り込まれたプロジェクトの一つで、宇宙産業への県内企業の参入を促進するとともに、超小型人工衛星の打ち上げを目指す。

当初は2020年9月末までに打ち上げる予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、打ち上げ予定場所だったカザフスタンのスケジュールの見通しが立たず、打ち上げを延期。だが、2020年度中の打ち上げに期待しているという。県によると、県内企業が中心となって自治体と共同で人工衛星打ち上げを行うのは、全国初の取り組みだ。