プロフィール
たじ

努力と勉強が出来るのに感謝皆さんありがとう82才。

たじをフォローする

気にとまる

変化
変化

松田聖子が新曲で財湯和夫と37年ぶりにタッグ

歌手松田聖子(58)が、デビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」に収録の新曲「風に向かう一輪の花」で、財津和夫(72)と37年ぶりにタッグを組むことが9日、明らかになった。これまで「夏の扉」「白いパラソル」「チェリーブラッサム」「野ばらのエチュード」など数々の代表曲を手掛けた財津とのタッグは、「小さなラブソング」以来だ。この日から先行配信される新曲「風に向かう一輪の花」は、聖子が40周年を迎える心境を作詞し、財津に作曲のオファーをしたという。

財津は「詞を読んだときに“これはファンに向かって歌う曲なんだな”と確信めいたものがありました。ステージ上でファンの皆様へ向けて聖子さんがこの曲を歌っている姿をイメージしながらメロディーを考えました。歌詞にある『まっすぐな気持ち』はファンに向けての言葉だと思いますし、『永遠がうまれる』は聖子さんのカリスマ性を思わせ、『舞う』は3拍子を思わせてくれました」とコメント。ミディアムテンポのメッセージソングに仕上がったと言うことです。